• NoseChronicle

    sustainable history

  • Energy for Sustainability

    Make Shiba! Use Kenkera!

    Shiba changes to Kenkera

    けんけら

    「けんけら」はクヌギの枝から作られる伝統的な炭です。

     

    茶の湯・茶道専用に使用される「能勢菊炭(池田炭)」はクヌギの幹を主に使いますが、製炭時にこの枝なくしては良い茶の湯炭は生まれません。

     

    このスティック状の炭は「能勢菊炭」の副産物と考えられてきましたが、数すくない菊炭焼き師の1人である「小谷義隆」氏(能勢町田尻)は、この「けんけら」のすばらしい機能性を見逃しませんでした。

     

    熾った時のキラキラと輝くような音色、火付きのよさ、十分な火力。

     

    これらの特性は私たちの暮らしの中に、スローで、心地よく、自然に親しんだ流れを生んでくれます。

    クヌギ枝を束ねたものは「柴(しば)」と呼ばれます。

     

    今でも、「柴師」と呼ばれる職人たちが、鉈鎌を使って、ひとつひとつ手作業で作っています。

     

    この「柴」は、菊炭窯の中で、クヌギの幹原木の上部にびっしり詰め込まれます。

    窯上部からの炭化工程で燃えて灰になるものもありますが、いくつかはきれいな「けんけら」として残ります。

     

    クヌギなどの多くの広葉樹は、萌芽更新という、株の切り口から再び芽が出て成長を繰り返す特性を持っています。

     

    能勢を含め里山地域の環境や生物多様性は、この萌芽更新のサイクルを持続可能な燃料・資源として利用するなど、そこに住む人々との循環的な暮らしに密着した形で維持されてきました。

     

    「柴」を作り「能勢菊炭」を焼き続けることは、里山環境の維持に欠かせないということになります。

    けんけらクラブ

    「けんけらクラブ」の会員は、地域文化と地球環境の継承を念頭に「柴」を作ること、そして、日々の生活に少しずつ「けんけら」を取り入れていくことが期待されます。

     

    年会費は3000円で、会報とけんけら500gが年に2回発送されます。

     

    会員は、実際に里山現場での柴作りに参加でき、柴2束をけんけら1kgと交換できます。

     

    この活動は主に能勢菊炭の製炭シーズンである冬、土曜日の午前中に行われます。

     

  • Food for Sustainability

    You are what you eat and waste.

    自然農園「日天月天」

    私たちは自然農に取り組んでいます。

    人類が積み上げてきた農業技術を学び活かす一方で、耕起や施肥は慎重に、また農薬の使用を避けた方法で栽培を行っています。

    草や虫、小動物など田畑に暮らす生き物の力を借り、作物のみならぬあらゆる命と日、風、水、土の一瞬一瞬の姿に適切に応じてゆく。

     

    己を生かすことと他が生きることを限りなく近づけるこの方法は、持続的な営みとしても大きな安心を与えてくれます。

    私達は自然農を世に提起した「川口由一」氏に出会い、専業農家の「沖津一陽」氏からその実際を学びました。

    自然農の田畑でとれる穀類、野菜は安全で、「知足」を思い起こさせてくれる爽やかな味と香りを備えています。


    ご縁ある方々の食を支え、お役に立てますよう、精進して参ります。

    定期購入・親子自然農体験

     

    能勢長谷の自然農野菜や加工品、山の幸をお送ります。

    10品目前後。週一回金曜日午後に発送。

    一回2000円(送料別)

    阪神間であれば配達可能。エリアなどは応相談。

    ※只今、新規受付停止中

     

    また子どもや農に興味のある方は、季節に応じた農作業を体験できる機会も設けています。

  • Special Thanks

    能勢さとやま創造館

    能勢菊炭(池田炭)は500年以上もの歴史を持ち、高品質で名高い茶の湯炭ブランド。

    里山を語る人は数多。が、里山に生きる職人「菊炭焼師」は極少。

    能勢菊炭に触れることで、日本の伝統文化の神髄に一歩近づけるかもしれません。

    長谷の棚田

    どこまでも続く青い空、豊かな生き物が舞う三草山、風そよぐ稲穂、歴史を語る石組。

    ここに一歩踏み入れば誰もが穏やかな気持ちになります。

    全ては長谷の先人の苦労とその想いを引き継ぐ人々のおかげです。

    アジア図書館

    寄付で集められた50万冊もの書籍が並ぶ市民図書館&語学芸術などの文化センター。

    人と本と文化をつなげ、隣国と相互理解を深めるのが使命。

    今日も老若男女、多くのボランティアが膨大な本の整理登録作業に当たっています。

    本格図書館開設に向け募金活動も実施中。